4年間で3回の引っ越しをした話

私が初めて実家を出たのは、一人暮らしをするためではなく、友人とルームシェアをするためでした。

とにかく実家を出たい、でも元手がない…。
そんな私をルームシェアに誘ってくれたのが、地方に住み都内へ通勤(なんと2時間近くかけて!)をしている友人でした。

初めての引っ越しは、父が手伝ってくれ、必要な家電や家電は友人と折半で買ったので、荷を運ぶのに大変な思いはしましたが、業者は必要ありませんでした。

1年半ほど住んだころ、友人が結婚することになり、ルームシェアを解消し、私は初めての一人暮らしをすることに。
折半で買った家具や家電は私が引き取ることになり、荷物も多かったので、今回は引っ越し業者を頼むことにしました。
軽い気持ちで引っ越し見積もりサイトに登録すると、電話がやむことなく鳴り続けて怖い思いをしたのを覚えています。
結局見積もりをお願いしたのは、大手引っ越し会社と見積もりサイトから初めて電話がかかってきた2社の、合計3社でした。

数日後、見積もりのために家の荷物の様子を見てもらい、運ぶものを案内するのは3社とも同じ流れでしたが、大手引っ越し会社の値段の安さと営業さんの気の強さに押されて、「有名なほうが安心かも」と思い大手で手を打ちました。
千葉県内の引っ越しでしたので、日程は比較的スムーズに決まったように思います。

引っ越し当日、次々と手際よく運ばれていく荷物を感心しながら眺め、全て運び出した後に業者の方々より一足先に新居へ。
手伝いに来てくれた友人となにもない新しい部屋で、不動産屋に頼まれていた「部屋の中で傷のあるところ」の記入をして待っていました。
ほどなくして運び込みが始まり、運び出し同様素早く作業が進んでいきます。
引っ越し先は一人用の小さな部屋でしたので、あまり時間もかからず終了。

業者は帰り、いざ友人と荷解きを始めようとすると…
キッチンや床に見慣れぬ穴・キズの数々。
不動産屋への報告のために部屋を隅々まで見ていたので、こんなはずはない、とすぐさまカスタマーセンターへ連絡し、作業員の方々に来てもらいましたが、
「あーそれ、最初からありましたよ。気になってはいたんですよね。」
とひょうひょうと言い出したのです。悔しいながら、記憶だけが頼りであり写真に残していなかったので、すごすごと引き下がりざるをえませんでした…。
ちなみにその穴やキズは不動産屋に相談したところ、小さかったので退去時に無償でパテで埋めてくれることになりました。
不動産屋の話によると、やはりこういうトラブルは少なくないとのこと。
大手だからと安心しきっていた自分を叱ってやりたい。

初めての一人暮らしはものの1年ほどで幕を閉じ、転職を機に引っ越すことになりました。またもや千葉県内での引っ越しです。
今度は大手ではなくサービスと値段で業者を選び、新居では傷がないことを写真に収め、また、運び込む前に作業員の方と一緒に大きな傷・目立った傷がないかの確認もしてもらいました。
今度の作業員の方はぶっきらぼうでしたが、丁寧に運んでくれました。
もちろん傷もつきません。

この4年の間に3回引っ越しをしましたが、やはり引っ越しは業者に頼むのが早くて楽です。
自分たちでやると何回も往復しなければいけませんし、大物小物関係なく、運ぶときにけがをする可能性もあります。
ただ、業者に頼んだとしても、業者選びや荷造りなど、面倒だし大変です。できればもう引っ越したくはありません。
しかしまた引っ越しをするならば、3度目の引っ越しのようにスムーズにいくよう、入念に下調べをしてから業者にお願いしようと思います。

引越し業者 おすすめ
おすすめの引越し業者の見つけ方を詳しく解説。料金の安さだけではないおすすめできる引越し業者探しの方法をまとめました。
自分にぴったりの引越し業者をなんとしてでも見つけたい方には絶対おすすめのサイトです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ