インプラントのことを調べてみた

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ